くにたち郷土文化館のブログへようこそ

〒186-0011 国立市谷保6231番地 TEL 042-576-0211
 E-mail:
bunkakan@sepia.ocn.ne.jp

◆「くにぶん便り」シリーズ
 当館の四季折々の様子やイベントなどの情報をお届けします。


◆「くにたち、近い昔」シリーズ
不定期で、郷土文化館で所蔵しているちょっと昔の写真を紹介していきます。しかし撮影した場所や年代がわからない写真もあります。掲載している写真について、ご存じの方は情報をお寄せください。

◆「ハグロトンボ調査隊」シリーズ
 当館主催で行っている「ハグロトンボ調査隊」の様子を紹介しています。(調査期間:6月~10月)

2012年10月30日火曜日

春陽の大学通り 1965(昭和40)年頃

~くにたち、近い昔1~  

 
春陽の大学通り 1965(昭和40)年頃           くにたち郷土文化館蔵
 
 
不定期で、郷土文化館で所蔵しているちょっと昔の写真を紹介していきます。
撮影した場所や年代がわからない写真もあります。みんなで確定していきたいと思います。
まずは、大学通りから。

大学通りが都道に指定され、中央部のみの舗装が完成したのが1961(昭和36)年で、翌年には歩道部分が整備されています。緑地帯の桜は、1934(昭和9)年に皇太子の誕生を記念して、翌年にかけて国立町会と谷保村青年団国立支部により植樹されました。『くにたち商店街形成史』(2000215日発行)には「植樹後のしばらくは苗木の根元の草取りや施肥の作業を青年団が行い、国立町会より1回10名分、金5円の奉仕料を受け取っている。受け取った礼金は青年団国立支部の運営の一部に使われた。」とあります。
ではイチョウはいつ植えられたのか。
ご存知の方はご教示ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿