くにたち郷土文化館のブログへようこそ

〒186-0011 国立市谷保6231番地 TEL 042-576-0211
 E-mail:
bunkakan@sepia.ocn.ne.jp

◆「くにぶん便り」シリーズ
 当館の四季折々の様子やイベントなどの情報をお届けします。


◆「くにたち、近い昔」シリーズ
不定期で、郷土文化館で所蔵しているちょっと昔の写真を紹介していきます。しかし撮影した場所や年代がわからない写真もあります。掲載している写真について、ご存じの方は情報をお寄せください。

◆「ハグロトンボ調査隊」シリーズ
 当館主催で行っている「ハグロトンボ調査隊」の様子を紹介しています。(調査期間:6月~10月)

2013年6月26日水曜日

郷土文化館の花  ユキノシタ ツワブキ オミナエシ


郷土文化館では現在プランターでユキノシタ、ツワブキ、オミナエシの
3種類の植物を育てています。

これらの植物は昔からなじみのある植物でした。
現在でも庭先で見かけることがあると思います。


民間の薬草として、ユキノシタは耳だれや、
熱さましの薬に、ツワブキはできもののうみだしに使っていたそうです。
また、オミナエシは万葉集でも取り上げられ、
秋の七草としてもなじみが深く、郷土文化館では十五夜のお飾りにも使います。

 
ユキノシタは花をつけていますが、ツワブキとオミナエシはこれからの様です。
 
秋にオミナエシの花を見るのが楽しみですね。
 
  郷土館入口のプランター 背の高い植物が「オミナエシ」


左の赤いランナーを伸ばしているのが「ユキノシタ」右が「ツワブキ」