くにたち郷土文化館のブログへようこそ

〒186-0011 国立市谷保6231番地 TEL 042-576-0211
 E-mail:
bunkakan@sepia.ocn.ne.jp

◆「くにぶん便り」シリーズ
 当館の四季折々の様子やイベントなどの情報をお届けします。


◆「くにたち、近い昔」シリーズ
不定期で、郷土文化館で所蔵しているちょっと昔の写真を紹介していきます。しかし撮影した場所や年代がわからない写真もあります。掲載している写真について、ご存じの方は情報をお寄せください。

◆「ハグロトンボ調査隊」シリーズ
 当館主催で行っている「ハグロトンボ調査隊」の様子を紹介しています。(調査期間:6月~10月)

2013年11月20日水曜日

囲炉裏に憩う  -館長机のメモから-


区画整理事業が進んで、古民家を取り巻く風景も様変わりしてきました。
変わらないのは囲炉裏のほのめく火でしょうか。

「いろり」は、日本の民家の暖房、炊事、採光を兼ねた炉で、
「ひじろ」「いじろ」「じかろ(地火炉)」などともいわれています。
実際には「いろり」という地方はまれで、語の意味も明らかでありません。
いろりの周囲の座席には一定の決まりがあり、厳しく守られていました。


古民家に見えるお客さまが驚かれるのは、余程のことがないかぎり、
毎日囲炉裏の火をおこし続けていることです。この現役の囲炉裏を
楽しみに見える方も少なくありません。萱屋根の防虫、防蝕の意味も
ありますが、憩いの空間として、語り合いの場としても、大いに役立っています。

みな様もこれからの季節、古民家の囲炉裏端でゆったりとした時間を楽しんでみませんか。
 
百年の煤も掃かずに囲炉裏かな 虚子

0 件のコメント:

コメントを投稿